夏に着物を着る時の注意点

着物をレンタルする方がお得なケース

着物をレンタルする方がお得なケース 普段から着物を着る機会の少ない人は、購入するよりもレンタルした方がお得になることが多くなります。
子供が七五三で着物を着る機会は、女の子の場合では3歳と5歳の時の2回になります。
1着で済めば安くなる場合もありますが、子供は成長が早く買い替える必要が出てくることがあります。
レンタルで済ませる場合、着物以外の写真撮影や神社などでの祈祷なども含めて購入するよりもかなり安くなります。
子供の好みに合わせて違うデザインにもできるため、購入するよりもお得になることが多くなります。
成人式や結婚式などの時も、購入するよりも10万円位安く済ませることができます。
卒業式や成人式などで2回以上着る機会がある人は、購入した方が良い場合があります。
しかし、購入した場合では、着用した後のクリーニングが必要なこと、保管方法を間違えるとカビなどが発生し着られなくなることがあります。
レンタルの場合は、着用した後のクリーニングなどが不要になるためメリットが大きくなります。

着物を購入する方がお得なケース

着物を購入する方がお得なケース 現在日本では、着物を着る機会があまりないという人が大半になりました。
結婚式など冠婚葬祭時には着用することがありますが、何度も着る機会がない場合にはレンタルで済ませようと考えるのは当然のことです。
着物と一口に言ってもリーズナブルなものから高級なものまで豊富にありますが、リーズナブルなものでもそう安価ではないので、買うとなれば躊躇するのは当然のことです。
しかし、レンタルよりも購入を選んだ方が良い場合もあります。
それは、着る機会が何度か予想される場合と、もう一つが姉妹や子供など着物を着用する人が複数人いる場合です。
その都度レンタルをしているよりも、着る回数が多いならば購入してしまった方が結果的にお得に済ませることができるというケースは珍しくはありません。
購入かレンタルかで悩んだ際には、長い目でみて考えて、何度か着物を着用する機会があるのかや、家族構成で他に着用する人がいるのかという点に注目して考えましょう。