プチプラ着物販売

着物買取りの豆知識

着物買取りの豆知識 着物買い取りでは買取の対象外とされてしまう着物もいくつかあり、その最たるものとなっているのがウールで出来たものです。
羊毛から作られるウールは現代の生活においては非常に重要な素材なのですが、こういった和服における生地としては最も格が落ちる、普段着程度のものでしかありません。
着物買い取りを行っている業者は基本的に訪問着や振り袖といった華やかで、冠婚葬祭の場にも着ていけるような格式の高いものを好んで買い取ります。
これは現代の日本においては洋服文化が定着しており、普段着としての着物の需要が極端に小さいからというのが理由です。
この理由がある以上、ほとんどの場合ウールで出来たものは買い取ってもらえないと思って良いでしょう。
一応例外として「アンティーク」と呼ばれる昭和初期以前に作られたものだと専門業者が買い取ることがありますが、これについてもしっかりとした品質があり、現在でも通用するデザインであることが求められます。
ですのでやはり、ウールで出来たものに関しては買取が難しいとして覚えておくようにしてください。

冠婚葬祭で着る着物の種類

冠婚葬祭で着る着物の種類 冠婚葬祭で着る着物には、一定のルールがあります。
まず冠婚葬祭のなかでも、お祝い事の時には未婚の女性の場合は振袖、既婚の女性は留袖を着ることが多いでしょう。
華やかな着物であるだけでなく、格の高い着物なので、その場の雰囲気をより華やかにするだけでなく、厳かな雰囲気にも適しています。
結婚式などには新婦を引き立てる意味も込めて、黒留袖が最適とされています。
反対に、お通夜やお葬式などの場には喪服を着ることが一般的です。
黒一色の着物に、黒い帯や帯締めなどで喪に服します。
参列する場合には、喪服に限らず、グレーなどの色無地でも失礼ではないという地域などもありますが、喪服の方が一般的なので失礼にはならないでしょう。
地域の習慣などによって、冠婚葬祭の装いについては若干の違いもあります。
その地域の習慣や、家庭ごとの習わしもきちんと把握したうえで、装いを決めることも大切です。
その場の格や雰囲気に合わせた装いをすることが大切です。