夏に着物を着る時の注意点

夏の着物の魅力と着るタイミング

夏の着物の魅力と着るタイミング 夏はお祭りや花火大会など賑やかなイベントがよくあるシーズンです。
そんな時におすすめのスタイルが着物です。
着物というと、生地が厚く、夏には不向きと考える方が多くいますが、夏用の着物は生地が薄く、今では自宅でも簡単に洗えるタイプが多くあります。
そして、何よりも普通のファッションとは違う風情があります。
女性の場合は着た時に仕草ひとつひとつが丁寧になるので、より女性らしさを出すことができます。
また、着ると全体の雰囲気が変わるので、普段とギャップのあるスタイルになることができます。
このようなことから、お祭りや花火デートに着物スタイルがおすすめです。
ギャップがある女性らしいスタイルになるので、いつもより綺麗になって相手を驚かすことができます。
また、せっかくの和装なので、そのスタイルが似合う歌舞伎やお芝居を観に行く時や美術館に行く時にもおすすめです。
また、浅草や祇園など、昔の風情がある町の観光の際にもおすすめです。

夏に着物を着る時の注意点

夏に着物を着る時の注意点 夏の着物は通気性の高い透け感のある生地を使っているので、中の下着が見えないように注意します。
後ろ身頃に居敷当てと呼ばれる白い布を付けていると過度に透けるのを防げます。
居敷当ては仕立ての時に縫い付けてもらいます。
ただし通常より多く着ることになるので、軽やかさは失われます。
見た目の良さを優先するならば、透けて見えても格好良い長襦袢を着用します。
夏の着物は中で生地を折っていることや調整の紐を使っていることが丸見えになりやすいので、周囲から見られることを前提に着付けをしなければなりません。
さらに夏は汗をかきやすいので着物に汗が付着しない工夫を大切です。
肌襦袢は万が一長襦袢を着ても肌が透けてしまうような場合にも役立ちます。
化学繊維は洗濯しやすいですが汗を吸う力が弱く雑菌が繁殖した際のニオイもきつくなりやすいです。
天然繊維を使った肌襦袢は汗をしっかり吸ってくれるので、暑い夏でも爽やかに着物を着ることができます。